医学部受験情報 東京 医学部予備校 医学部入試 ランキング

医学部学生講師とプロ講師による医学部受験情報!

医学部,受験,医学部受験,医学部予備校,医学部入試
医学部受験生のために役立つ入試情報。医学部予備校ランキングや、医学部受験のための勉強法を提供しています。
現役生、浪人生、東京の医学部、神奈川の医学部、千葉の医学部、埼玉の医学部
難関大医学部、旧帝国大、旧制医科大学、旧設医学部、新設医学部

HOME / 2018大学別受験情報 / 医学部のための参考書・問題集

医学部受験生のために役立つ入試情報。医学部予備校ランキングや、医学部受験のための勉強法を提供しています。

医学部の学費について(2017年)

医学部の学費は、国立大、公立大、私立大、その他学校、の各カテゴリーごとに状況が異なります。

●国立
国立医学部は、全学校で共通して、入学金282,000円、年間授業料535,800円、6年間総額3,496,800円です。もちろん私立大と比べるとかなり安くなっています。
近年、私立大の学費が値下がりされて安くなっている、とよく言われますが、それでもやはり国立医学部の学費の安さは特別です。

●公立
公立医学部も、公立と同じような学費です。ただし、入学金について、在住地による区別がある学校がほとんどです(札幌医大は出身地による区別なし)。たとえば、福島県立医大は、福島県民の入学金は282,000円ですが、県外者の入学金は846,000円です。

●私立
私立医学部は、学校によって学費は様々です。一般的傾向では、「難易度の高い学校ほど学費は安い」点があります。逆に言えば、学費が安い医学部は、人気が出て難易度が高いことになります。
例えば、慶應大は、初年度3,830,000円、6年間総額2,199,800円です。一方で、初年度で1000万円近く必要になったり、6年間で3500〜4500万円の学費が必要になる学校もあります。
近年では、順天堂大が学費を引き下げ慶應よりも学費が安くなったり、国際医療福祉大がさらに学費を安くしたりしているため、必ずしも難易度順に私大医学部学費が安くなっているわけではありません。ただしそれでも、学費の安い順天堂や国際医療福祉は、人気を集めて難関大となっています。昭和大や帝京大、東邦大などが、学費を引き下げて人気を集めた学校として挙げられます。

●その他学校
その他学校のうち、自治医科大、産業医科大は、中堅私立大と同様の学費です。ここには、授業料貸与制度があり、学校の設立趣旨に沿う形に勤務先を選べば、貸与分は返済不要になります。
 
また防衛医大は、入学後の身分が国家公務員(防衛省)となるので、入学金・学費はありません。また給与(学生手当)が月106,700円支給されます。ほかにも期末手当もあります。
一方で公務員としての制限があり(副業など)、また卒業後も自衛隊部隊や自衛隊病院などで勤務する必要があり、卒業後9年以内に退官すると、防衛医大の費用約5000万円を返還する必要があります。
 
防衛医大については、入試日程が独特であること(11月)、また知り合う人脈なども独特になることなどに注意する必要があります。
HOME / 2018大学別受験情報 / 医学部のための参考書・問題集

医学部受験情報 東京 医学部予備校 医学部入試 ランキング

医学部学生講師とプロ講師による医学部受験情報!

医学部,受験,医学部受験,医学部予備校,医学部入試
医学部受験生のために役立つ入試情報。医学部予備校ランキングや、医学部受験のための勉強法を提供しています。
現役生、浪人生、東京の医学部、神奈川の医学部、千葉の医学部、埼玉の医学部
難関大医学部、旧帝国大、旧制医科大学、旧設医学部、新設医学部